メニューを開く

社会貢献・環境

当社の取り組みを紹介しています。

仕事と家庭生活の両立支援

子育てサポートしています 2012年認定事業主

当社では、社員一人ひとりが最大限の能力を発揮するためにも仕事と家庭生活の両立を重要視しています。仕事と家庭に向き合うための環境を充実させていくことで、社員がよりいっそう生き生きと働くことができるように取り組んでいます。

また当社では、さまざまな子育て支援策への積極的な取り組みが評価され、2012年5月に、神奈川労働局長より「子育てサポート認定事業主」として認定されました。

子育て認定事業主とは?

両立支援総合サイト(両立支援のひろば)

社会貢献活動

当社では社会貢献活動の一環として、財団法人ソニー教育財団※1の『ものづくり教室』活動の支援や、「ソニー・サイエンスプログラム※2」への参加を行っています。

2016年度「ものづくり教室」

エンジニアの社員が、小学生へものづくりの面白さを伝えます。
2016年度は、茅ヶ崎市立小和田公民館にて「夏休み子ども電子工作教室」を実施。小学4年生から中学生まで、35名の子どもたちとモーターで回り続けるジャイロコマを作りました。

  • ものづくり教室を実施しました
  • ものづくり教室を実施しました
  • ものづくり教室を実施しました
  • ものづくり教室を実施しました
  • ものづくり教室を実施しました
  • ものづくり教室を実施しました

2015年度「ソニー・サイエンスプログラム」ワークショップ

ソニーグループの社員が講師となり、小学生の児童とその保護者へ科学の原理をお伝えします。
2015年度は、お台場のソニー・エクスプローラサイエンス サイエンスシアターにて、ペットボトルや牛乳パックを用いて手づくりヘッドホンを制作。
音の伝わる仕組みを学んでいただきました。

  • 「ソニー・サイエンスプログラム」ワークショップを実施しました
  • 「ソニー・サイエンスプログラム」ワークショップを実施しました
  • 「ソニー・サイエンスプログラム」ワークショップを実施しました
  • 「ソニー・サイエンスプログラム」ワークショップを実施しました

2014年度「ものづくり教室」

エンジニアの社員が小学校へ赴き、ものづくりの面白さを子どもたちへ伝えます。
2014年度は、横浜市立井土ヶ谷小学校にて、3学年、児童38名に「ジャイロコマ」づくりを教えました。

  • ものづくり教室を実施しました
  • ものづくり教室を実施しました
  • ものづくり教室を実施しました
  • ものづくり教室を実施しました
  • ものづくり教室を実施しました
  • ものづくり教室を実施しました

※1 (財)ソニー教育財団
科学を通して、子どもたちの好奇心や創造力を伸ばすため、幼稚園・小学校・中学校の先生方や子どもたちに向け教育支援を行っております。

※2 ソニー・サイエンスプログラム
ソニーのエンジニアやスタッフが講師となって、ソニー製品やサービスを利用した工作や実験を行い、科学の原理や技術を学ぶ「ワークショップ」、光と音とエンタテインメントを科学する体験型科学館「ソニー・エクスプローラサイエンス」、技術を社会の力にする仕事をテーマに、将来について考える「キャリア授業」。その他、科学に関する「コンテスト」や「実験ショー」など、さまざまな活動を世界各地で展開しています。

環境保全

ソニー環境計画RoadtoZero

ソニーは2050年までに「環境負荷ゼロ」を実現するため、環境計画“Road to Zero”を推進しています。環境に関わる4つの視点から事業活動と製品のライフサイクル全体を通じた目標を設定し、それに向けてグループ各社が活動しています。

理念

ソニーエンジニアリング株式会社は、映像・音響・情報処理・通信機器等の企画・開発・設計、製造(委託・導入等)、販売等の事業活動において持続可能な社会の実現に向けた環境負荷低減を推進し、「ソニーグループ環境ビジョン」の実現を目指します。

環境方針

ソニーエンジニアリング株式会社は、「ソニーグループ環境中期目標」を達成するため、社員一人ひとりが次のような基本姿勢で臨みます。

環境に関する活動

  • 商品企画・事業企画
    当社は、資源循環の促進や製品の長寿命化につながる環境配慮ビジネスモデルの開発を、自社商品・サービスにおいて推進します。
  • 製品の設計
    当社は、主な事業領域である設計活動において、製品に含まれる化学物質の管理、省電力設計、省資源設計(再生材の使用・包装材の簡素化)、易リサイクル設計等を通して、商品の環境配慮機能の導入を推進し、環境負荷低減に努めます。
    当社が設計する製品の環境コンプライアンスについては、ソニーグループ内各社が要求する製品環境標準・指示書を遵守します。
  • 調達
    当社は、部品調達業務において、環境負荷の少ない部品や材料の調達に努めます。
  • 教育
    当社は、環境教育を実施し、社員の環境に関する意識向上に努めます。
  • 事業所
    当社は、事業所環境について、ソニーグループ各サイトが規定する標準・指示書を遵守します。

2018年10月1日
ソニーエンジニアリング株式会社
代表取締役社長 小川 功一


2017年度 環境保全活動の取組

自社開発商品ペンライトシステムFreFlow®において、企画・設計から梱包物流部門まで、イノベーティブな技術改良、製造物流改善によるCO2削減や、旧商品再利用による資源循環型エンタメビジネスモデル確立を行う等、多岐にわたり環境負荷削減施策を展開し、ソニーグループ内でもユニークな取組として注目を集めております。
SONYサステナビリティレポート「音楽・アーティスト・イベントを通じての環境活動」も併せてご覧ください。

  • オペレーションを通じた環境貢献
  • FreFlowでの環境負荷削減を実施