メニューを開く

社員メッセージ

ソフトウェア設計 マネジャー菅原 健

0から1を生み出す喜びを、一緒に。

現在、どのような仕事に携わっていますか?

最近の仕事としては、肌解析システムBeautyExplorer用カメラの開発とりまとめを行いました。ソニーのデバイス領域では、自社開発デバイスを使って新しいソリューションを提供することに力を入れており、私たちもその分野の製品開発に携わっています。この製品も、企画や仕様がない時期から参画し、プロトタイプの開発から商品が発売されるまでのすべてを担当しました。
私は、2003年に中途入社しましたが、前職では電力会社に納める製品の開発をしており、電柱の上に設置する製品や変電所、発電所に設置される製品を担当していました。電気回路設計、機構設計、ソフトウェア設計と製品開発の全てを担当していましたし、電力の安定供給に貢献しているという認識もありましたのでとてもやりがいがありました。しかし、やはり、みんなが手にするコンシューマー製品をやってみたいという気持ちが強くなりましたので、ソニーエンジニアリングに入社しました。最初は、放送局向けBlu-rayレコーダーの制御パネル部のソフトウェア開発など、いくつかのソフトウェアに関わりました。その後はプロジェクトリーダーとなり、マネジャーとして開発に関わるようになりました。

ソニーエンジニアリングならではと思える、仕事の上での面白さは?

ソニーの文化として、自由であることが一番の特徴です。仕事の進め方は各個人に任せられていますし、自分がやりたいことがあれば、手を挙げることでその仕事に関われるチャンスが広がります。積極性は高く評価されますし、やりたいことができる上、頑張って成果を出せばそれだけ評価されます。
もうひとつは、提案しやすい環境があること。自分の考えていることをそのまま伝えると、良いものは良いと判断してもらえます。そういう意味では風通しのいい会社といえると思います。組織もフラットで、上司ともフランクに話のできる雰囲気です。
一方で、自由すぎるところが課題かも知れません。みんなが技術を楽しんでしまうから、すでにあるものをうまく組み合わせて安く作ろうとは考えずに、ゼロから開発してしまうということがよくあります。

将来のビジョンをきかせてください。

「新しいことをやりたい」、「世界初を生み出したい」という気持ちはみんなが持っているので、我々の技術で世の中を驚かせるものや役立つものを生み出したいですね。そういう仕事にはどんどん積極的に関わっていきたいと思います。
担当領域の中だけでなく、違う領域の技術や考え方を組み合わせて開発することで、影響力の大きな製品を世に送り出したいですね。