メニューを開く

社員メッセージ

ソフトウェア設計 松尾さん

ソフトウェア設計松尾さん(2017年入社)

より良い音体験を届けたい。

ソニーエンジニアリングを選んだ理由を教えてください

学生時代、趣味の楽器演奏がきっかけで、オーディオ系の研究をしていたので、「音に関わる仕事を通して、音楽を聴く人や演奏する人にとって便利なものを作りたい」と思うようになりました。
企業研究をしているときに、ソニーエンジニアリングでは音の信号処理ができ、中途入社の方もたくさんいる会社だと知りました。多種多様なノウハウを持つ人が集まる会社なら、間違いなく自身の技術を磨けるだろうと感じ、入社を決めました。実際にたくさんの先輩に日々助けていただいています。

現在、どのような業務に携わっていますか?

現在は、オーディオ信号処理ライブラリの開発、技術開発向けのソフト開発、それらを使った実験や測定を行っています。
研究開発の仕事は正解がなく、深い知識が必要で、感覚も磨いていく必要があります。そこが難しくもあり、やりがいを感じる部分でもあります。
「精度がいいね!」と言われるとモチベーションが上がりますし、自分が調整に関わったノイズキャンセリングを搭載したヘッドホンを購入し、その音を聴いたときは、本当に至福の喜びを感じました。毎日、通勤中に使用して楽しんでいます。

会社の制度やサポートで良かった事はありますか?

入社前は年上のベテラン社員が多い印象だったので、気を遣う職場かなと想像していましたが、実際はフランクに接してくれる方が多く、逆に気遣ってくれていると感じることもありますね。
入社後は、職種合同の研修が約3か月間あり、同期との仲が深まりました。その後、職種ごとに研修があり、配属後は個々にチューターがついて業務のサポートをしていただいたので、配属時の不安は小さかったと思います。会社の制度的にも、新卒寮などの制度面がかなり充実していて、自分たち新人を大切にしていただいているなと感じています。
また、研修制度を利用して、終業後に社内で行われる語学研修を受講した結果、TOEICのスコアが入社当初から200点以上アップしました。

今後、どのようなエンジニアになっていきたいですか?

今はある程度確立された技術のブラッシュアップをしていますが、いずれは今までにない技術を開発して製品にしたいと思っています。
また、今自分が開発に携わっている技術が、どんな風に製品に搭載され、お客様の手に渡っているのかを見てみたいという思いもあります。
将来的には、オーディオに限らず幅広い分野で技術を磨き、最終的にはオーディオに戻って自分が携わった新技術をお客様に届けたいです。

松尾さんのとある一日