メニューを開く

社員メッセージ

ソフトウェア設計エンジニア 高畠さん

ソフトウェア設計エンジニア高畠さん(2019年入社)

自由な環境でチャレンジを続け、目指すはマネジャー。

自分の裁量で仕事ができ、最新の技術に携われる

――どのような業務に携わっていますか?

現在は、ソニーグループ関連の、クラウドやウェブサービス開発業務に従事しています。
ソニーグループの方から求めるWEBシステムについてヒアリングし、仕様設計からプログラムの実装、レビュー、納品や運用管理まで全領域をフォーカスすることができます。その中で、実装と設計をメインに行っています。
業務の中で、例えばフロントエンドであればReact や Vue の様な比較的新しいライブラリ、フレームワーク等を積極的に使ってみたいと提案すると、使わせてもらえる環境で安定性やバランスも考慮しつつ、自分たちのチームで仕様設計を決めて、実装まで考えているので、とても自由度が高く業務は楽しいです。

――ソニーエンジニアリングを選んだ理由を教えてください。

プレイステーションの設計がやりたいと考えていました。他にもテレビやオーディオなど、色々な製品に携わってみたいというのもあり、ソニーエンジニアリングに興味を持ちました。
また、インターンや会社説明会に参加し、直接お話をさせていただいたとき、先輩社員の皆さんが口をそろえて、“自由度が高くて楽しい”と会社のことを話していました。私自身、縛られた仕事環境が苦手だと考えていたため、そういった環境であれば気持ちよく働くことできるかと思い入社しました。

――配属してからの働き方を教えてください。

配属直後から、プロジェクトリーダーを任せていただき、自分の裁量で仕事を進めることができました。
とは言いましても、チューターからサポートを受けながら進めました。自分で考えて決めた内容について、プレゼンを行い、よかったものが採用され、自分が考えたことがそのまま仕事になりました。
自分の裁量で仕事ができ、最新の技術に携われることにとてもやりがいを感じています。
入社前から自由な社風のイメージを持っていましたが、そのイメージ通りで、特に私の所属する部署は、新規開発に携わっているため自由度が高い部署ではあると思いますが、他部署の同期からも、やりたいと言ったことをやらせてもらえていると聞きます。
最近はリモートワークが中心になり、肉体的にも精神的にも仕事とプライベートを切り替えられるように心がけています。
リモートワークのよい点は、自分の使える時間が増えたことです。通勤時間が無くなり、そういった時間を自分の趣味に使うことができています。
また、自分で自分の仕事環境をカスタマイズできるので、椅子やディスプレイを自分の好きなように選択できるのがすごくいいです。
リモートワークを開始したての頃は、どうやって会議を進めるのか、情報共有をするのかに困りました。ですが、現在ではコミュニケーションツールが改善され、リアルタイムにチャットやウェブで共有できるようになったので、各々の言いたいことなどを共有し、議論しやすい環境が整備されました。

20代でマネジメントになることを目標に

――今後、どのようなエンジニアになっていきたいですか?

ある程度、裁量を持ちつつ、最先端の技術に触れ続けていたいと考えています。
それと並行し、いずれシステムアーキテクトまたは大規模プロジェクトリーダーを目指したいので、マネジメントの知識も取り入れていきたいです。3年後までに小規模なプロジェクトのマネジメントを任せられるようになるのが今の目標です。
前述した様に、元々はプレイステーションの設計がやりたいと考えていましたが、プレイステーションも、テレビも、ネットワークにつながっている製品なので、最終的に携わることができるとイメージしています。
そういった意味では最初のうちからネットワーク、いわゆるWEB系に携われてよかったです。
会社に期待することは、いつまでも自由な社風のままであってほしいと思っています。

――社内表彰イベント“SEG AWARDS 2020”でルーキー賞を受賞しましたね。

SEG AWARDSは、自分の持っている技術や考え方、取り組み等を社内に公開するイベントで、私はこの社内表彰イベントは、自分をアピールし、モチベーションをあげる機会と捉え、募集案内を見てすぐに応募しました。
このアワードは、社員の皆さんの投票により、上位何名かが表彰されるシステムのため、入賞を狙い、目を引くようなタイトルと内容を考えて提出しました。
その結果、皆さんのご指示を頂いてルーキー賞を受賞出来たことは大変光栄です!

高畠さんのとある一日